---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付の保険を選ぶ単独加入のバイク保険原付特約のメリット特約付き最安を探す

原付の保険のチェックポイント

原付の保険は家族に自動車保険加入者がいるかどうかによって
選び方のポイントが違います。


■家族に自動車保険の加入者がいる ⇒ ファミリーバイク特約がお得です。

ファミリーバイク特約は原付のための自動車保険特約です。
6千円〜1万円程度の保険料の追加で対人・対物・自損傷害が補償されます。
家族の誰でも、複数の原付でも、借りた原付でも補償の対象です。


■家族に自動車保険加入者がいない ⇒ 単独のバイク保険を選ぶことになります。

バイク保険は二輪バイクのための保険で基本は自動車保険と同じです。
加入時の保険料は高いですが無事故を続ければ等級が上がり割引が大きくなります。
加入者の条件に合った保険料設定ができる通販・リスク細分型がおすすめです。



---原付の種類-------------------------------------------------------------------------------------------
・50cc以下の原付       … 法定速度30km、2人乗り禁止(原付1種)
・50超125cc以下の原付  … 法定速度60km、2人乗り可能(原付2種)
の2種類があり、どちらも維持費などの手軽さが命、保険もできるだけリーズナブルな選択をしたいものです。

50cc以下なら「自損型」のファミリーバイク特約

50cc以下の原付(1種)は普通免許、原付免許で乗れる原付です。
法定速度30km、2人乗り禁止などから
ファミリーバイク特約は自損型が良いのではないでしょうか。

自損型のファミリーバイク特約は、対人・対物に加え
「自爆事故」のような自損事故のケガなどが補償の対象です。
自損事故以外のケガなどは自分の保険からの補償はありません。

自損事故以外でのケガなどが心配であれば、生命保険や交通傷害保険でカバーする方法があります。
原付を通勤、仕事だけで使用する場合は、ケガなどが労災でカバーされることになります。

原付の保険|51cc〜125cc 「人身型」が必要?

50cc超125cc以下の原付バイクは、法定速度60km、2人乗りが可能な原付です。
50cc以下原付と同じような利用であれば、特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをし速度も出すという場合は人身型のファミリバイク特約を選ぶという方法があります。
保険料はその分高くなりますが人身型は運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されます。

人身型は自動車保険に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身型になるところ、選択で人身型にできるところなど各社で取扱いが違います。)


「人身型の保険料が気になる」、「本契約に人身傷害が付いてない」
そんな時は、本体の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。
代理店型から通販型への切り替えなら人身型を付けてもおつりがくるかもしれません。

  CHECK!自動車保険の見直し、切り替えなら【無料】一括見積もりが簡単で便利


単独のバイク保険は通販・リスク細分型がおすすめ

●125cc以下の原付 ⇒ 年間保険料 18,910円

    【補償内容】対人賠償保険 無制限、対物賠償保険 無制限、搭乗者傷害保険 500万円、無保険車傷害保険 2億円、
    自損事故保険 1,500万円、弁護士費用等補償特約 なし

    【見積り条件】ABS なし、お住まいの地域 神奈川、ノンフリート等級 6等級、使用目的 日常レジャー用、
    被保険者生年月日 昭和61年5月1日、免許証の色 ゴールド、運転者年齢条件 21歳以上補償

等級が高いともっと安くなります。

●125cc以下の原付 ⇒ 年間保険料 10,890円

    【補償内容】 同上

    【見積り条件】ABS なし、お住まいの地域 東京、ノンフリート等級 13等級、使用目的 日常レジャー用、
    被保険者生年月日 昭和54年5   月1日、免許証の色 ゴールド、運転者年齢条件 21歳以上補償

バイクと言っても50ccの原付の原付から、軽自動車より排気量の大きいバイクまであります。
法定30kmの原付が高速道路にも入れるバイクと保険で同区分なのは納得し難いと思います。

アクサダイレクトの場合、125cc以下原付では「走行距離」のリスクは反映されませんが、
代わりに排気量区分(125cc以下と125cc超)が原付の保険料をリーズナブルにしています。

原付にとっては、この排気量区分だけでもリスク細分型は選ぶ価値があると思います。


<クルマ・バイク関連こぼれ話>
自動車の無料一括査定を利用したことがありますか?
一度経験するとディーラー下取りなんて眼中になくなります。
下取りゼロ査定のクルマに数十万の値段がつくのも珍しいことではありません。


Copyright © 自動車保険の等級をプロテクト All Rights Reserved.